お墓と葬儀、葬式

その家の菩提寺に、お墓がある場合は、葬儀から葬式までをお寺でする場合があります。
そこの、住職さんにお経をあげてもらって、戒名料を支払い、納骨するのにまた、永代供養料を支払い、納骨してもらわなければお墓へ入る事ができない所もあります。
料金もお寺によってまちまちです。
格式のあるお寺ほど、高いと思ってもよいでしょう。
その代わり、三回忌、七回忌と年忌には、それなりに知らせがあったりして、お盆などにも回ってきてお経をあげてくれます。
今はホールで葬式をする事が多いですが、その場合でも、菩提寺の住職さんを呼んで、お経を上げてもらわないとそのお墓に入れて貰えない場合があります。
Continue reading →

東京の葬儀方法:神式葬

東京には大勢の人が生活しているため、葬儀の在り方も一様ではありません。
東京で行われる葬儀の中でも日本で昔から執り行われてきた方法の一つに神式 葬儀が挙げられます。
神式 葬儀は神道を信仰する家庭で行われ、一般的な仏式葬とは様々な点で違いが生じます。
参列する人の服装は喪服で構いません。
自宅や斎場で通夜祭と葬場祭が執り行われますが神道では死をけがれとしているため、手水の儀式で手や口を洗い清める儀式からスタートします。
その後お祓いや玉串奉奠の儀式を執り行い、故人の霊が安らかになることを祈ります。
玉串奉奠の最後には偲び手で二礼二拍手一礼を行うため、経験の無い人は自宅で一度練習をしておくと安心です。
Continue reading →