水回りのリフォームの成功失敗は快適性を大きく左右する

浴室や洗面所、台所など家の中には水回りと言われる場所がたくさんあります。
これらの場所は毎日使う物であり、且つ清潔性を維持しなければならない場所であるため、リフォームの際には真っ先に何とかしたいと思う場所です。
しかし、焦ってしっかり計画せずにリフォームを行ってしまうと、快適性を大きく損なってしまうことになりかねないものです。
計画性を持って行うことが大切です。
特に多い失敗例は予算を必要以上に絞り込んでしまうために中途半端なリフォームとなり、快適性を損なってしまうことです。
Continue reading →

リフォームするなら知っておきたい法律!区分所有法とは

古くなってしまった住宅ならば、現在ではリフォームを新しく施工して、快適な居住空間へと作り直すことも一般的に行われています。
リフォームに関しては一戸建て住宅の場合では、自由に施工することを可能にしていますが、マンションなどの集合住宅の場合では区分所有法というものが設定されており、必ず区分所有法を守った範囲内でリフォームを行うことが求められています。
区分所有法に関しては聞き慣れない方も存在していますが、その内容は簡単で専有部分と共有部分に分かれていることを明確にしている内容です。
一般的にマンションの場合では玄関ドアの内側からベランダの手前までの空間について専有部分として利用することができ、ベランダの外やドアの外側に関しては共用部分として考えることが一般的です。
室内の壁に関しては隣接している室内と共有していることになり、通常では壁の中心から内側に関しては専有部分として考えることができます。
Continue reading →

注文住宅を木造住宅で建てた方がいい理由について

注文住宅 には色んな工法があり夫々の特徴があります。
その中で木造住宅を選択される際の理由の1番目は鉄骨住宅等に比べて施工できる工務店や個人の大工さんの数が多い事が挙げられます。
彼等は長い経験、実績に基づいて施工してきた自信があり、お客の希望を取り入れ自由に設計する事が出来ます。
例えば子供部屋の広さ、押し入れの大きさ、洋服ダンス代わりの小さな空間です。
依頼主にとっては基本計画の概略図を見せるだけで、工務店からは綺麗にデザインされた配置図がしかも彼等の培ったノウハウを生かしてより良く改善された図面が出てきます。
2番目は木材はコンクリートに比べて熱伝導率が低く断熱性が有ります、従って木材は吸温性が高く屋内の快適性が保てダニ、カビの予防になります。
Continue reading →