AGA治療のために:植毛

Pocket

発毛剤を使用していても効果が出ない?市販の発毛剤を買う前に
男性の薄毛といえばほとんどがAGAで、男性ホルモンによる薄毛という性質から必然と言えます。
AGA治療は薬物療法が一般的であり、以前より格段に治りやすくなりました。
昔のAGAといえば完治させるのは極めて困難であり、抜け毛を止める程度の効果しか期待できなかったのです。
しかし現在はAGA治療薬が存在し、発毛剤と経口薬を併用して治療するケースが多いです。

薬物療法で改善できない症状には植毛が適しており、日本で植毛といえば自毛植毛を指しています。
自毛を使用するので定着率が高く、定着後は普通に成長するのが特徴です。

前頭部と頭頂部は男性ホルモンの影響を受けやすいため、非常に薄くなりやすい性質があります。
そのため側頭部や後頭部といった男性ホルモンの影響の少ない部位から移植するわけです。

あらゆる薄毛治療の中でも植毛は即効性が高く、すぐに変化を感じることができます。
根本治療ができる唯一の方法ですが、植毛株がなくなると移植はできませんから、早めのAGA治療をおすすめします。
かつら・ウイッグによる方法は発毛治療と並行することが多いですが、植毛は単独で行われるのが特徴です。
男性ホルモンの影響を受けにくい部位から移植するので、治療後は加齢によるボリューム減退は最小限に抑えられます。

最近の自毛植毛は定着率が非常に高いですが、医師の腕や使用マシンなども関係してくるので、クリニック選びは慎重に行なってください。安さだけでクリニック選びをせずに、実力と実績もよく比較しましょう。
駅前に設置されているクリニックは資金力に余裕があり、導入マシンも最先端のものを使用していることが多いです。
通常の皮膚科よりもAGA治療の専門クリニックで治療を受けるのが確実と言えるでしょう。