東京の葬儀方法:神式葬

Pocket

東京には大勢の人が生活しているため、葬儀の在り方も一様ではありません。
東京で行われる葬儀の中でも日本で昔から執り行われてきた方法の一つに神式 葬儀が挙げられます。
神式 葬儀は神道を信仰する家庭で行われ、一般的な仏式葬とは様々な点で違いが生じます。
参列する人の服装は喪服で構いません。
自宅や斎場で通夜祭と葬場祭が執り行われますが神道では死をけがれとしているため、手水の儀式で手や口を洗い清める儀式からスタートします。

その後お祓いや玉串奉奠の儀式を執り行い、故人の霊が安らかになることを祈ります。
玉串奉奠の最後には偲び手で二礼二拍手一礼を行うため、経験の無い人は自宅で一度練習をしておくと安心です。

もしくは先に行う人の作法をよく見てから同じように行いましょう。
お金やお供え物を持参する時の熨斗書きも、神式葬の場合は御玉串料や御神前と書くため、仏式の葬儀との違いを充分理解しておきましょう。
特に多くの人が落合斎場での葬儀の際に持参する事も多い数珠ですが、神式葬の場合は使用しないアイテムなので、間違えて持っていかないように注意が必要です。
日本で古くから執り行われている葬儀の在り方の一つであり、自分が参列する機会も長い人生で数回はあるものなので、大人の常識の一つとして覚えておくと安心です。