浮気調査と不倫相手を調べる方法

Pocket

浮気調査へ踏み切るにあたっての心構え
浮気調査ではまず浮気の現場を押さえておくことが第一です。
浮気の証拠がなければ不倫をしていたとしても証明ができず、逆に言いがかりをつけられたと主張されてこちらが痛い目を見ることになってしまいます。
不倫相手の情報が全くわからないとしても、パートナーを尾行し不倫相手と落ち合うかを確認します。
落ち合ってくれれば、あとは不貞行為の現場を押さえればよく、ラブホテルから出てくるところを確保すれば不貞行為が行われたことは明らかです。
ただここで伝えてしまっては不倫相手のことが全くわからない状態で終わってしまいます。
次に不倫相手の特定ですが、こちらも尾行を行って特定していきます。
不倫相手の身元を調査すること、勤務先などを調べること、経済状況などを調べることでおおよその状況がわかります。
車を運転していればその車のナンバーから所有者情報が特定できるので後はその周辺を尾行していれば家族の状況や勤務先なども段々とわかっていきます。
これらのことは探偵などに依頼して任せておけば入念に調査をしてくれるため安心です。
最終的なレポートを待ってその全容をつかむことができれば浮気調査のすべてが終わりです。

不貞行為がわかり、相手の素性もすべてわかれば今度は弁護士に依頼して色々な交渉をしてもらいます。
やってはいけないのは自らが相手の家に乗り込むような行為です。
これではトラブルになる可能性が非常に高く、予期せぬ事件につながってしまいます。
SNSを調べる、パートナーの携帯電話を調べることもできますが、バレてしまえば痕跡すら消されてしまって迷宮入りになる恐れがあることから決着をつけるためには探偵や弁護士にすべてを任せて、その先を考えておくことがおすすめです。