家出人捜索願と警察

Pocket

探偵業法が厳守されている探偵社の業務とは
家出人捜索願を届出ができるのは家出人の親権者や配偶者および恋人に加えて雇用人や親密な関係にある友人など、規定された関係にある人物に限られています。
家出人捜索願の届出先は保護者などの住居地を管轄する警察署、行方不明者が失踪時の住所地や失踪した場所を管轄する警察署に限られています。
届出を行う際には、届出人本人の印鑑と身分証明書が必要です。
家出人捜索願の内容は家出人本人の氏名や年齢をはじめとする詳しいプロフィールや身体的な特徴に加えて、捜索の手がかりとなる失踪した直前までの出来事などをできるだけ詳しく伝えるのも大切です。
ここで大きな課題となるのが、家出人捜索願が受理されたからといって即座に捜索が行われるとは限らないという事です。
明らかに事件性があったり命の危険に及ぶようなケースでは署をあげて捜索に入るケースもありますが、それらに全く該当せずに緊急性が無いと判断された場合には本格的な捜査が行われないケースも少なくありません。
この背景には家出人捜索願が提出された後に事件性が無く家出人自らの意志で家出をした事が発覚したケースや、数日以内に帰って来て家出人捜索願そのものを取り下げるケースも一定数あるため、警察としても慎重にならざるを得ない事情があるのも致し方ありません。
しかし、大切なご家族の行方が分からなくなれば最悪の事態を想像し心配になるのは無理もなく、できるだけ早期に無事を確認したいというのはごく当たり前の感情です。
そんな時は、家出人捜索を専門に取り扱っている探偵などに相談する方法もあります。
探偵であれば警察のように法や組織に囚われる事無く、依頼者側に立ち即座に行動してもらう事が可能です。