太陽光発電を設置して雨漏れが起こる原因とは

Pocket

太陽光発電設置のトラブルの1つに雨漏れがあります。
雨漏れのトラブルは太陽光発電の設置では最も多く、原因としては、多くは、施工業者の建築に対する知識不足が原因となっています。
太陽光発電では、設置業者がこれまでに建築の現場に全く携わったことが無い場合や、いわゆる、国からの補助金や売電による利益を全面に出して、短時間でメーカー等の代理店として施工を始めることも多く、この場合には取り付け方の不備から雨漏れを起こすことにつながることになります。
太陽光発電は、一般的には屋根や屋上面に取り付けることがほとんどとなっており、取付には防水層や屋根材にビス等を用いて行うことになります。
この場合、穴が開いてしまい、そこでの後処理が不備な場合に必ず下に雨が伝わっていくことになります。

通常、取付ビス等では一気に雨が室内に侵入することは少なく、症状としては徐々に浸透し屋根下から天井面、そして室内へと雨が落ちていくことになります。
当然、メーカーとしては施工マニュアルを設けており、その内容に沿って設置が行われた場合には問題はありませんが、場合によっては下処理を丁寧に行わず、ただ、架台の廻り等にシーリングを付けるだけで施工を行っている業者もいるために十分に注意をする必要があります。
依頼をする場合には契約書の取交しはもちろんとなりますが、その場合、雨漏れ保証に関しても確認をしておくことが大切なことになります。