在庫管理業務を軽減します

Pocket

バーコードハンディーターミナルを活用した現場情報化の在庫管理
在庫管理業務は非常に煩雑な作業で有るとともに、誤りが企業の売り上げ管理や利益管理に大きな影響を及ぼすため慎重に行わなければならない重要な業務でもあります。
最近はシステムで画一的に行うことが増え人手によるケアレスミスが少なくなった半面、システムの設定誤りなどによる大規模な誤りが多く、その手戻り作業が重大な損失を招いてしまうことも少なくありません。
また本来在庫管理は製品の数量だけでなく、製品自身に問題が有るかどうかを迅速に確認する手段としても重要な意味を持っていますが、システムの導入によりそのような製品の不具合を見つけることが難しくなり、その部分のチェックに関しては別な工程を設ける必要があるため、せっかくの効率化が十分にその効果を発揮していないといったことも良く見受けられます。

在庫管理は人手で管理を行う従来の手法でありながら、その操作方法が直観的でかつ非常にシンプルであるため、作業に誤りを軽減することができるほか、システムに即座に情報が反映されるため作業の手戻りが少なく、迅速に確実に作業が行えることが大きな特長です。
又、在庫管理は各社独自の手法で行っていることが多い物ですが、その各社独自の方法を極力変えることなく迅速に作業が行える方法を提案し実現してくれるため、すぐにでも効率化が可能なところも大きな魅力です。
さらに、導入も専用のハンディターミナルをツールとして使用するだけなので、作業者の負担も少なく、効果的な在庫管理が行えます。