個人再生豆知識:官報に住所が載るの?

Pocket

個人再生は、債務整理の方法の1です。
自力で全額返済することが難しくなった人が、債務を圧縮して返済を続ける方法です。
債務整理をすると、一定期間は新たな借入やクレジットカードへの加入ができなくなることは知っている人も多いですが、官報に掲載される、という意味はなかなかピンとこないでしょう。
何か雑誌のようなものに掲載されることは想像がつくけど、何を掲載されるのか、個人情報はどの程度まで載るのか、不安になる人も多いでしょう。

結論から言えば、官報には氏名や住所といった個人情報が記載されます。
そもそも誰が債務整理をしたのか、その情報を共有するためのものですから、個人が特定できなければ意味がありません。
名前だけでは同姓同名の人もいますので、現住所が記載されます。

このことから、会社の人や近所の人に個人再生をしたことがバレるのではないか、と心配する人もいます。
確かに官報は誰でも見られる広報誌ですので、絶対に知り合いに見られない、とは断言できません。
しかし、一般の人で官報を見たことがある人などほとんどいないはずです。
理由がなければ見てもまったく面白くありませんので、金融機関や銀行など、業務上関係する法人が見ることはあっても、知り合いが見る可能性はほとんどないと言っても良いでしょう。