リフォームするなら知っておきたい法律!区分所有法とは

Pocket

古くなってしまった住宅ならば、現在ではリフォームを新しく施工して、快適な居住空間へと作り直すことも一般的に行われています。
リフォームに関しては一戸建て住宅の場合では、自由に施工することを可能にしていますが、マンションなどの集合住宅の場合では区分所有法というものが設定されており、必ず区分所有法を守った範囲内でリフォームを行うことが求められています。
区分所有法に関しては聞き慣れない方も存在していますが、その内容は簡単で専有部分と共有部分に分かれていることを明確にしている内容です。

一般的にマンションの場合では玄関ドアの内側からベランダの手前までの空間について専有部分として利用することができ、ベランダの外やドアの外側に関しては共用部分として考えることが一般的です。
室内の壁に関しては隣接している室内と共有していることになり、通常では壁の中心から内側に関しては専有部分として考えることができます。

リフォーム できる範囲に関しては、専有部分に限定されており、例えば床材を張り替えしたり、間仕切りを除去したり、逆に増やす方法、トイレやバスルームの交換なども自由に行うことが可能です。
しかし、キッチンなどを移設する場合では、床下に設置されている給水管や排水管などを移設する作業が必要になる場面があります。
この場合では管理規約に基づいて施工できるかどうかを判断することが必要な場合もあり、大きくリフォームを行う場合では、その都度確認する方法でトラブルを未然に防ぐことができます。