お墓と葬儀、葬式

Pocket

その家の菩提寺に、お墓がある場合は、葬儀から葬式までをお寺でする場合があります。
そこの、住職さんにお経をあげてもらって、戒名料を支払い、納骨するのにまた、永代供養料を支払い、納骨してもらわなければお墓へ入る事ができない所もあります。
料金もお寺によってまちまちです。
格式のあるお寺ほど、高いと思ってもよいでしょう。

その代わり、三回忌、七回忌と年忌には、それなりに知らせがあったりして、お盆などにも回ってきてお経をあげてくれます。
今はホールで葬式をする事が多いですが、その場合でも、菩提寺の住職さんを呼んで、お経を上げてもらわないとそのお墓に入れて貰えない場合があります。

また、公営の墓地や、宗教を問わない普通の墓地などでは、墓地使用料と、管理料を支払えば、誰でも入れてもらえます。
最近は、家族葬などで、簡略して、葬儀をする家庭が増えていますが、どちらにしても、お寺に菩提寺がある場合は、ちゃんとお経を上げてもらわなければなりません。
しかし、この先、引越しなどで、遠方へいってしまいや少子化で子供がいない家などは、お墓を守れなくなり、次第に無縁仏になっていく事も有り得るのかも知れません。
今後、お墓の問題は考えていくべきでしょう。